MENU

アフターピル市販・薬局で購入出来ない!アフターピルを簡単で安く安全に通販しましょう

アフターピルは市販では買えません!

 

避妊に失敗したら迷わずアフターピルを飲みましょう!
でもドラッグストアや薬局などでは残念ですが購入出来ません。。

 

 

簡単にネットで買う方法紹介しています!

 

やばい!コンドームが破れている!
コンドームを付けずにセックスしたけど不安。。
彼がコンドーム付けるのを嫌がるし強く言えない。。
外に出したはずなのに精子が入ったかも。。

 

こんな時とっても不安になりますよね。
避妊せず妊娠するのは避けたいです。
もし妊娠してしまったら中絶を選択してしまう人もいるでしょう。

 

性行為の時に、コンドームが破損してしまい、避妊に失敗した経験のある人も大勢存在しています。
結婚を予定していない独身者のカップルや、既婚者の夫婦でも妊娠を望まない場合は、アフターピルを服用してみると良いでしょう。

 

アフターピルは中用量ピルのひとつですが、性行為の72時間以内に適量を服用することで、妊娠の確率を減らすことが可能になっています。

 

アフターピルは、性行為のすぐに服用したほうが高い成功率で効果を実感でき、妊娠を回避できます。
妊娠をしていない場合は、アフターピルを服用してから、数日後に生理が始まるので、出血が見られた場合は避妊に成功しています。

 

性行為の時にコンドームを嫌がる男性もいます。

 

避妊に失敗した時に自分の体を守れるのは自分自身です。

 

妊娠を望まない場合は、きちんと避妊を心掛ける必要がありますが、失敗した経験がある人が多いので、緊急時のためにアフターピルを自宅に常備しておくと良いでしょう。

 

100パーセントの避妊率ではありませんが、性行為の後に服用することが大事です。

 

アフターピル個人輸入のデメリット

 

ただ、アフターピルの個人輸入はデメリットがあります。注文して即日配送されますが届くのは5〜14日後です。

 

今すぐ飲む必要があるなら迷わず産婦人科に受診して処方してもらいましょう!

 

ちなみに私はアフターピルを最初は病院で処方してもらい飲みました。通販があるのを知りませんでしたから。

 

でもまた失敗した時の事を考えるとぞっとしました。。

 

 

万が一に備えて急に病院に行けない事もありますし通販で買っておくことにしました。

 

避妊に失敗して、妊娠、中絶なんて事は絶対避けたいですからね。

 

市販で買えないから通販でおすすめのアフターピルランキング紹介します!

 

 

費用を抑えたいという方ならアフターピルは通販で買うといいでしょう。

 

病院に受診すれば保険適応外で10000円以上も費用がかかりますが通販ならとても安い価格で購入する事が出来ます。
1回分が約1000円程度。
入手方法は大手の通販サイトでは無理です。個人輸入代行業者から通販のように買えます。

 

ここではアフターピルでも人気のあるものをご紹介します。

 

 

 

アイピル

 

アイピルは緊急避妊薬でモーニングアフターピルと呼ばれています。

 

性交後24時間以内に服用すれば95%という高確率で避妊出来るというデータがあります。

 

日本の産婦人科で実際に処方されているノルレボ錠のジェネリックです。コンドームが外れた、破けた、避妊に失敗して膣の中に精子が入ってしまった緊急時に効果を発揮するのがアイピルです。

 

 

 

 

マドンナ

 

マドンナは性行為後72時間以内に服用する緊急避妊薬(アフターピル)です。服用までの時間は短い程避妊成功率が高いです。

 

2錠で1回分で レボノルゲストレル0.75を2回飲みます。

 

妊娠を望まない性行為で不安な時、緊急な時に効果を発揮します。

 

一度に多量のホルモンを摂取しますので常用するのは控えて下さい。
万が一に備えてマドンナを常備しておくと安心です。

 

 

 

 


エラ

 

エラは最新のアフターピルです。

 

アフターピルは一般的に性行為後72時間以内の服用が必要とされていましたが、エラは期間が長く5日以内であれば85%、3日以内なら95%が避妊成功します。1錠のみの服用なので手軽で2回目の飲み忘れを回避出来ます。

 

 

 

アフターピル市販は無理だから通販で購入した人の口コミ

 

アフターピルが市販で買えたら便利ですが、薬局やドラッグストア買えないのでアフターピル通販で簡単に購入出来た方の口コミを紹介します。
避妊に失敗した時のために前もってアフターピルを通販で購入してくと便利です。

 

どうしても避妊したい方へアフターピルの通販って本当に安心なのか不安な方へ口コミをご紹介します。

 

 

アフターピルを通販で買っていたのですぐ飲み妊娠しませんでした。

 

彼氏との性交渉中にコンドームが外れてしまったようでそのことに気付いたのは性交渉が終わってからのことでした。そのため一瞬気が動転してしまいましたが以前にアフターピルをインターネットの通信販売で購入していたのを思い出してすぐに1錠飲みました。

 

アフターピルを服用後しばらくしてから軽い吐き気に襲われましたが幸い重症化することはなく妊娠検査結果も陰性でした。

 

日常生活のなかでどのようなことが突発的に起こるかわからないのでアフターピルは万が一の場合の緊急避妊用として手元に置いておくととても安心ですしかなり高い確率で避妊してくれるため助かっています。

 

コンドームなしでセックスして不安でした。

 

生理不順が強いため安全日かどうかもよくわからずにコンドームを使用せずに性交渉してしまい行為後悩んでいたところ偶然友達がアフターピルを持っているとのことで1T分けてもらうことにしました。

 

その友達からはしっかりと自分の体を守るためにもアフターピルは身近に置いておくことを勧められました。

 

そのためインターネットの通信販売を利用して1箱購入することにしました。通信販売は薬局で購入するよりとても安くわずか1000円ちょっとで自分の体を守ることができるため手元に置いておくと安心です。

アフターピルで避妊が出来るメカニズム

 

ではなぜアフターピルを飲むと避妊が出来るのでしょうか。
ここではアフターピルと排卵前、排卵後の関連性をお伝えします。

アフターピルを排卵前に飲む事と避妊の関係

 

適切な避妊を行うのは大切なことです。

 

コンドームを着用して性行為をするのが一般的な避妊方法ですが、破けて避妊に失敗する危険や、男性側に避妊をする意志がないこともあります。

 

そのような場合、ピルを用いることで望まない妊娠を避けることができますが、どのようなタイミングでピルを服用すればいいのか、どうやってピルで避妊ができるかについて説明します。

 

まずアフターピルは性行為の後に服用します。薬の種類によりますが2回服用する必要があり、1回目に性交後72時間以内(3日以内)、2回目をその12時間後に服用します。この「72時間以内」というのは、受精から着床までにかかる期間(7日間)までに生理を起こすために守る必要があるのです。(1錠のみのもあります)

 

ただし、服用時が排卵前か排卵後かによって、生理が起きる時期が異なります。排卵前に服用した場合、数日後に出血が起こるなどし、比較的早い時期に起こる可能性が出てきます。

 

しかし、排卵後に服用した場合は出血が起こる時期は遅くなり、生理予定日が来る頃に出血が起きる場合が多くなります。このように、ピルを飲むタイミングによって、生理による出血の時期が違うことを覚えておきましょう。

 

 

アフターピルを排卵後に飲む事でどうやって避妊出来るのか

 

性行為を行うと、射精された精子は卵子に向かっていき、卵子にたどり着いた精子が受精することによって受精卵が生まれます。

 

受精卵は、卵巣から子宮をつないでいる卵管を1週間から10日ほどかけてゆっくりと移動し、最後に子宮内膜に着床することによって妊娠します。

 

そこで妊娠を回避したいときにアフターピルを飲むことによって、アフターピルに含まれている成分が強制的に生理を引き起こすことになり、体を排卵後の状態にさせることができます。

 

排卵後ということは、受精卵が着床するために用意されていた厚い子宮内膜を剥離させることになりますから、受精卵が子宮内膜に着床しても、そのまま排出されるので妊娠を回避できるという仕組みになっています。

 

受精卵が子宮内膜に着床しないようにするためには生理を強制的に起こさせることが必要ですから、性行為を行った後、できるだけ早くアフターピルを飲むことによって、妊娠を回避できる可能性が高まります。

 

アフターピルは安全性の高い避妊方法なのか・排卵日の避妊に失敗しても効果はあるのか

 

 

アフターピルは副作用はありますが安全性には問題ありません

 

アフターピルは安全性について人体への悪影響で言うのであれば、吐き気など副作用で体調不良などを引き起こす可能性はありますが重篤な健康被害をもたらすということはないので、安全性は高いといえます。
人によっては副作用が強く出ることはありますが、あくまでも一時的なものであり後遺症が残るようなことはないので健康面での安全性には心配はいりません。

 

避妊成功率という面で見ると絶対に安心できるというものではなく、平均的な成功率で見ると8割程度とされているのでアフターピルを使用すれば絶対に安全というわけではありません。

 

ただし、この数字は全体的に見た場合の話であり避妊が失敗したときに24時間以内の服用であれば95パーセント以上、48時間以内であれば85パーセントの避妊効果を期待することができるため緊急避妊薬としては十分な効果を期待することができます。

 

一番妊娠の可能性が高い排卵日であっても、早めに服用をすれば避妊効果は出るので失敗したと思ったときには早めに服用をすることが大切です。

 

ただし、100パーセント近い避妊効果が見込める低用量ピルと比べるとわずか5パーセント程度であっても避妊に失敗をしてしまう可能性があることを考えると、アフターピルをあてにして避妊を行うのは避けたほうが良いといえます。
どれだけ確率が低くても、望まぬ妊娠というのは万が一にでも避けなければならない以上絶対ではないアフターピル頼みでの避妊は望ましいものではありません。
アフターピルは他の避妊をしていて、失敗をしてしまったときの最後の切り札として使うようにしましょう。

アフターピルの効果は飲む時間が大事

 

 

アフターピルは、その避妊確率の高さから多くの方に利用される避妊薬として有名です。

 

アフターピルの効果は、性行為後の服用のタイミングによって変わって来ます。

 

早く服用すればするほど、その確率は高くなり、性行為後24時間以内の服用で約95パーセントの高い避妊確率が期待できます。 基本的には72時間とされています。

 

ここまでに服用する事が進められていますが、これでも12時間以内の服用に比べて、その効果は下がってしまいます。

 

このように、飲むタイミングが遅くなればなるほどアフターピルの効果は期待できなくなって来ますので、性行為後なるべく早い服用が進められています。
しかし、アフターピルを服用したからといって、避妊ご絶対にできるというわけではないことは承知していなければなりません。

 

事前に避妊具で対策することもまた必要です。

アフターピルの処方は病院受診すれば保険証は必要だが通販なら不要

 

 

アフターピルの処方箋は通販なら不要なので簡単です

 

アフターピルが欲しいけど恥ずかしいから病院に行きたくないという思いをされた方は意外と多いのではないでしょうか。
または未成年なので病院で処方してもらうと親にばれると考えている方も多いでしょう。

 

アフターピルを病院で処方してもらうには保険証が必要となりますので未成年の場合だと親に黙って産婦人科に行くのがばれる可能性が高いです。

 

アフターピルは保険適応外ですが身分証明書として提出するのが一般的です。

 

忘れたと言って診療してもらい処方してもらえるケースもあります。ですが、診療した時に検査等すれば保険を使えばもちろん通知が来ます。

 

病院受診の時に細かくお願いして絶対家族に知られないように言うのも一つの方法です。

 

もし親にばれたくない、病院に行くのが恥ずかしいと思っているのでしたら通販を利用した方が良いでしょう。

 

今の時代はアフターピルのような病院でしか取り扱っていない商品でも通販で気軽に購入できるようになっていますから、とても楽です。

 

通販の場合ですと送られてくる箱や入れ物やラベルに商品名が書かれていませんので、例え見られてもばれる事はありません。

 

当サイトが紹介している業者では郵便局留めもできるようになっていますので、自宅にそのまま荷物が届く事がありませんから親に内緒で購入する事もできます。

 

 

病院で診察してもらう時も保険を適用外にすれば処方してもらう事も可能ではありますが、未成年だと怪しまれる可能性や問いただされる可能性もありますし、何よりも実費で支払わなければならないので料金が高くなってしまいます。

 

その点通販でアフターピルを購入する場合は病院で処方してもらうよりも診察代もいりませんので、かなり安く購入する事ができます。

 

 

高校生や中学生でアフターピルを飲む場合

 

高校生や中学生が避妊に失敗してアフターピルが必要になった事は親には知られたくないですよね。

 

体への負担が大きいのでアフターピルを飲むのは避けたいですが、妊娠や中絶をしないためにもアフターピル服用を選択するのが賢明です。
今すぐ産婦人科へ受診して妊娠の可能性があると伝えアフターピルを処方してもらいましょう。

 

なるべく早く飲む必要があるので急いで下さい。

 

保険適応外なので高い金額がかかりますので出来れば誰か信用できる大人に相談して病院に行くのがいいでしょう。

 

病院受診後、再び失敗する可能性はゼロではありません。妊娠や中絶などリスクを抱えるのは女性側なので今すぐ飲みたい場合を除けば通販で購入しておいてお守り代わりに持っておくのがおすすめです。

 

親にばれたくない、病院が恥ずかしい、少しでも節約したいという時は通販の方が楽でおすすめです。

アフターピルの種類 レボノルゲストレル「LNG法」 ノルレボ錠と「ヤッペ法」フラノバールの違いを比較

 

 

アフターピルのノルレボ錠とフラノバールは何が違うのでしょう?

 

現在主流となっているアフターピルの種類には、ノルレボ錠に代表される合成黄体ホルモン剤であるレボノルゲストレル(LNG)を主成分とするものと、プラノバールに代表される黄体ホルモン剤と卵胞ホルモン剤の両方が主成分となっているもの2種類があり、前者を用いて避妊をする方法は「LNG法」、後者で避妊を試みる方法は「ヤッペ法」と呼ばれています。

 

もし、妊娠する可能性があるような性行為をしてしまった場合、ノルレボ錠をつかってLNG法で避妊を試みるのであれば、性行為が終わってから72時間以内にノルレボ錠を1錠服用します。

 

LNG法を選択した場合はたったこれだけで、あとは経過を見ていくだけです。避妊に成功する確率は、服用するタイミングが早いほど高くなり、性行為後72時間経って服用した場合だと96%程度、12時間以内に服用すればほぼ100%に近い確率で避妊することができます。

 

一方、プラノバールを用いてヤッペ法による避妊を試みる場合は、性行為から72時間以内に2錠を服用し、そこから12時間が経過したときにもう2錠服用します。避妊の成功率は、用法と用量を守って服用した場合で97%程度となっており、LNG法と比較しても数字の上ではさほど差はありません。しかし、間隔をあけて2回服用しなければ十分な避妊効果を得られない方法となっているため、飲み忘れをしないように注意しなければなりません。仮に飲み忘れてしまった場合、避妊の成功確率は大きく低下してしまいます。

 

ピルを服用する上では、副作用についてもよく確認しておきたいものです。プラノバールの服用時に比較的おこりやすい副作用は、食欲不振や嘔吐、悪心などで、消化器系の症状が中心なのに対し、ノルレボ錠を服用している時に生じやすい症状は、不正出血、消退出血、悪心、下腹部痛、倦怠感、頭痛、傾眠などで、消化器系だけでなく、生殖系や神経系の症状もあらわれやすくなります。

 

症状の種類だけを見ると、ヤッペ法の方が副作用のリスクが低いように見られますが、プラノバールの副作用はノルレボ錠のリスクより重くなりやすいといわれています。避妊に取り組む女性の多くは、副作用に対するリスクの低さと方法の単純さから、ヤッペ法を選ばずにLNG法を選んでいます。

アフターピルは飲んでも体に安全なのか

 

アフターピルというのは副作用はありますが、安全性は高い薬となっているので望まぬ妊娠を避けるためには非常に役立つものとなっています。
避妊の方法というのはいくつもあるので、最初からアフターピル頼みの避妊というのは副作用の影響も大きいものですから避けるべきだといえます。
しかし、他の避妊をしていたにも関わらず失敗をしてしまった場合には、副作用の影響を気にすることなく服用をすることができる安全性はありますから、気をつけていたのに失敗をしてしまったというときにはアフターピルによる人体の影響は無視してすぐに飲むようにしましょう。

 

通常の避妊法よりは体に負担がかかるのは間違いありませんが、飲まずに妊娠をしてしまうリスクよりはずっと負担が低いのは言うまでもありません。
妊娠をしてしまうようなことがあれば中絶をするにしても、出産をするにしても女性にとって大きな負担がかかることになりますから、そのような結末を迎えるよりはアフターピルを服用したほうが何倍も安全性は高いといえます。

 

アフターピルは体に対する負担が大きいと言っても個人差があるものであり、人によっては多少体がだるいぐらいのレベルで済むこともありますから心配しすぎるほど体に影響があるというものでもありません。
アフターピルがあるから大丈夫と安易に考えるのは禁物ですが、副作用の影響を心配しすぎて飲まずに妊娠のリスクを高めてしまうというのも問題があるのでバランスが大事ということになります。

 

アフターピルは早く飲めば飲むほど効果を期待することができるものであるため、避妊に失敗をしたときには薬の悪影響を心配するよりも先に、妊娠のリスクを第一に考えてすぐに飲むことが大切です。
アフターピルによる体調不良は一時的なものですが、妊娠をしてしまえば一生ものの後悔となってしまう可能性もあります。
アフターピルは副作用はあれども十分に安全性が証明されたものとなっているので、安心して使って問題はありません。

アフターピルは避妊に失敗した時に常備しておくと便利

 

アフターピルというのは使う機会がないのが一番理想的ですが、万が一のことを考えるといざという時に手元に常備されていれば安心です。
アフターピルは避妊に失敗した時にできるだけ早い段階で服用をしたほうが高い効果を望めるだけに、必要になった時にすぐに手に入らないとなっては意味がありません。

 

日曜日で病院が開くのを一日待ったばかりに妊娠をしてしまったということもありえますし、一日遅れるだけで妊娠の可能性が高まってしまうと感じてしまうことも精神衛生上よろしいものではありません。

 

常備をしておけば、避妊に失敗をしてしまったときにもすぐに服用をして望まぬ妊娠を避けることができるので安心です。

 

何時でもすぐにアフターピルを入手することができる環境というのであれば、常備をしておく必要はありませんが、避妊に失敗をしてしまった時にすぐに手に入る環境かどうかというのはわかりませんから、安心のためにはひとつでも常備をしておくと安心です。

 

アフターピルは避妊に失敗してしまったときでも妊娠を避けることができる最後の砦となっているわけですから、必要になったときにはすぐに使うことができる準備をしておくと、望まぬ妊娠に不安になることはありません。

 

ですのでアフターピルを個人輸入で買う場合今すぐ欲しいという方には不向きです。

 

即日配送をしていますが実際に到着までの日数は5日から15日です。

 

誰でも失敗する事があるので慌てなくてもすぐ飲めるよう前もって常備しておく場合に適しています。

アフターピルは薬局や楽天・アマゾンで買える?

 

アフターピルが薬局、アマゾン、楽天で買えたら本当に楽だと思います。

 

大手の通販サイトで購入出来れば翌日届く事が当たり前ですからね。

 

緊急避妊薬であるアフターピルは薬局や楽天、アマゾンで簡単に手に入れたいと思う人は多いですが日本では販売は認可されておらず、産婦人科で処方を受けるのが主な入手方法です。

 

しかし処方に消極的なクリニックはありますし、検査を受ける面倒もあることでしょう。そのため海外医薬品を販売する輸入代行サイトを利用して購入する方法がおすすめです。個人輸入のメリットは医師の診断なしに購入できることであり、業者スタッフと面会する必要もありません。通常のネット通販で買い物するような感覚で、気軽にアフターピルを購入することができます。

 

輸入代行サイトは合法的であり、まったく違法性はないので安心です。確かに一部サイトでは偽物を販売しているところもありますが、信頼できるサイトならそのような心配はありません。薬剤師が在籍している、まとめ買いをすると大幅に安くなる、梱包・配送におけるプライバシーを重視してくれる、などの条件を満たした輸入代行サイトの利用をおすすめします。海外から取り寄せすれば、クリニックで処方を受けるより価格も安くなるのです。

 

アフターピルがあると、望まない妊娠を防ぐことができるのです。妊娠する可能性があると思ったら、なるべく早めに服用する必要があります。服用するまでの時間が長くなってしまうほど成功率は低くなるので、いち早く服用しなくてはいけません。普段から低用量ピルを服用しておけば妊娠の確率はほぼゼロですが、服用していない方は万が一に備えてアフターピルを用意しておくべきでしょう。

アフターピルの値段はいくら位が相場なの?

 

 

アフターピルは婦人科などで処方してもらうことができますが保険が適用されていないため、自由診療になるため基本的に値段は高価になることが多いとされています。

 

病院受診の場合の自由診療のため病院によって値段は変わってきますが、相場としてはヤッペ法と呼ばれる中用量ピルを2回飲む方法では5000円前後、緊急避妊のために開発されたノルレボ錠を1回飲む方法では15000円?20000円程度が一般的だとされています。

 

ただし、病院では洗浄や超音波検査などを行う場合もあるため、受診料としてはそれ以上の料金がかかると考えたほうが無難です。
海外から個人輸入する場合には、通販サイトを利用することが一般的ですが1350円?2000円ほどが相場だとされています。

 

個人輸入の場合、色々な種類のアフターピルを安く手に入れることができるようになってます。しかし、事前に購入してストックしておく必要があるということを理解することが大切です。

 

避妊に失敗してしまったというケースは突然起こるものです。アフターピルは早く飲めば飲むだけ効果があるため、病院で処方してもらうか個人輸入であらかじめ入手しておきストックしておけばいざという時に安心できると言えます。

アフターピルの副作用はいつまでなの?どんな症状が起きるの?

 

ではアフターピルの副作用についてご説明していきます。

 

アフターピルを使用すると体内においてホルモンの状態が妊娠中に極めて近くなるので妊娠しなくなりますが、同時に副作用が発生してしまうのも事実です。しかも、個人差が大きい上に個々により程度も異なるため、医師でも一言で言い表せないのが実情です。

 

ただし、比較的多く見受けられるのは服用後3時間程で副作用が起こり始め、およそ24時間程で軽くなっていくというものです。
アフターピルを摂取すると胃腸を介して吸収が行われ、血中濃度が向上するため3時間で症状が起こることが多いのです。

 

理論的には2日で体内から抜けるのですが、余裕を持って3日間と考えておいた方が好ましく、中には1週間も続いてしまう方が居るので注意が必要です。
そこで気になるのが主にどのような副作用の症状が生じてしまうのかということです。

 

主な副作用の症状は吐き気、頭痛、不正出血、消退出血、悪心、下腹部痛、倦怠感、頭痛、傾眠です。

 

もちろん、体質や体調により違いがあるものの吐き気や頭痛といった症状が非常に多く、実際に嘔吐してしまう方も少なくありません。
嘔吐してしまうと有効成分の多くを体外に排出してしまうことになるので、避妊に失敗する可能性が高まります。

 

こうした吐き気を予防するために有効な手立てとしては予防薬という吐き気を緩和させられる薬を処方して頂くことです。
医師から処方して頂けていない場合は、市販されている酔い止め薬でも対応することができます。

 

また、胸に張りを感じたり目眩(めまい)をすることも特徴的な副作用の症状なので注意深く体調の変化に目を向けましょう。

アフターピルで吐き気が強いなら吐き気止め飲んでいい?

 

 

アフターピルというのは強い薬なので、人によっては強い吐き気をもよおしてしまう恐れもあります。
そのため、吐き気止めを飲みたくなってしまうところですが、アフターピルを飲んだ後に別の薬を飲むと効果が弱まってしまうのではと不安になって飲むのを躊躇ってしまいがちです。

 

それでは吐き気止めは飲んで良いのか悪いのかというと、飲んでも問題ありませんし吐いてしまうおそれがあるのであれば飲んだ方が良いということになります。
アフターピルは吐いてしまうとそれが一番効果を薄れさせてしまう原因の一つとなるので、吐いてしまいそうであれば吐き気止めを飲んで抑えたほうが良いのです。

 

一番確実な方法としては、専門家に尋ねて飲んでも大丈夫な薬なのかどうなのかという確認を取ることですが、確認できない状態もありますから基本的な知識としては飲んでも問題ないと覚えておくと良いでしょう。

 

吐き気止めを飲むとアフターピルの効果が薄れてしまうのではと不安に思って、吐いてしまってはそれこそ意味がありませんから、気持ちが悪くなったときには吐き気止めを飲んで吐き気を抑えるほうが良いのです。

 

普段あまりお世話になる薬ではないだけに、いざという時のことを考えるとよく覚えて起きたいポイントになります。

アフターピルを服用後お酒飲んで大丈夫?

 

 

アフターピルを服用するなら、お酒を飲むのを控えるように注意されるケースがあります。これは決して相性が悪いから、あるいは効果を半減させるからといった理由からではありません。実はお酒を飲み過ぎると、普通の人でも吐き気を感じることは珍しくないです。そしてアフターピルの副作用には嘔吐が挙げられているため、これら二つの要因が重なって胃の中のものを出してしまう可能性が高くなるからです。

 

アフターピルは性交渉から七十二時間以内に服用すれば妊娠が防げるものなのですが、飲んだ瞬間に効果が発揮されるわけでないのです。少なくと二時間以上はかかりますから、それよりも早い段階で吐き出してしまうことで、アフターピルを飲んだ意味がなくなるかもしれません。

 

もしもアフターピルを服用した後、すぐにお酒を飲んで気分が悪くなって吐いたのなら、すぐにまた飲み直しておく方が無難でしょう。ただし、嘔吐してすぐにアフターピルを飲むと再び吐き気を感じるのであれば無理は禁物です。先述しましたが、七十二時間の猶予がありますから、気分が落ち着いてから使用しておく方が体への負担も少ないので、慌てないようにしたいものです。どうしても時間がないなら、水をたくさん飲むことで胃酸を薄められるので、多少は楽になります。

アフターピルは授乳中飲んでもいいの?

 

 

出産後、避妊の為にアフターピルを使用したいと考える人は少なくありませんが、授乳中であれば使用を避けておく必要があります。
アフターピルに含まれている成分が、母乳に混じってしまう事になる為、良い母乳を維持する為には、アフターピルの使用は避けておく事が大切です。
更に、授乳中にアフターピルを使用すれば、母乳が出にくくなってしまう事があります。

 

しっかりとした母乳を与えたいと考えるのであれば、授乳期間が終わるまでアフターピルの使用は控えておく事がおすすめです。
一般的に、授乳で子供を育てている場合、6ヶ月はピルの使用を避けておく必要があるとされます。

 

そして、それ以降は医師との相談の上という形が一般的ですが、6ヶ月を過ぎても母乳で育てていくというのであれば、アフターピルの成分が母乳と一緒に赤ちゃんの体内に入る可能性があります。

 

それだけに、授乳をしている間は、アフターピルを使わないようにしておくという事がおすすめです。
それでもアフターピルを使いたいと考えるのであれば、断乳を選ぶ事が有効です。

 

断乳をしておけば、安心してアフターピルを飲む事ができます。
授乳中でもアフターピルを使用したいと考える人は少なくありませんが、授乳中は使用を避けておく事が大切です。

アフターピル体験談

 

【30代女性】

 

当時付き合っていた彼氏との性行為で避妊に失敗しました。

 

避妊具は装着していたものの途中で外れてしまったようです。それに気付いた時は顔面蒼白になりました。

 

その時はアフターピルの存在を知らなかったので、ただただ二人でオロオロするだけでした。

 

しかし友人に相談すると、直ぐにアフターピルのことを教えてくれました。妊娠を望んでいないなら早めに対処したほうがいいと言われ、排卵日が近かったこともあり、私は直ぐに婦人科を受診しました。

 

アフターピルは性行為後72時間以内に服用しなければ、避妊率はどんどん低下していくと言われています。

 

私は約12時間後に服用したので一安心でした。
婦人科を受診し、アフターピルを処方してほしい旨を伝えると直ぐに処方してもらえました。

 

私の行った婦人科は、アフターピルを処方する部屋とそれ以外の部屋に分かれていたので非常に助かりました。私以外にも数名がアフターピルについての説明を受けていたので、私と同じ状況だったのだろうと思います。

 

副作用の説明では吐き気や怠さなどを言われましたが、私は強い副作用は出ませんでした。ただ胃の不快感が少しあり、アフターピル服用後はしばらく食欲がありませんでした。

 

アフターピルは一回の処方で1万円を超えます。そのことも友人から聞いていたので、お金はしっかり準備していきましたが、もし知らなかったらすごくビックリしたと思います。

 

たった2錠でそれだけの額を支払わなければいけないなんて、これからはさらに避妊をしっかりしていこうと心に誓いました。

 

72時間以内のアフターピル服用で避妊率は90パーセントちかくあります。それでも私は生理がくるまで不安で不安で仕方ありませんでした。しかも悩みすぎたことが災いし、その月は生理が1週間ほど遅れてきたのです。その時はアフターピルか効かなかったのだと泣きそうになりましたが、無事に生理がきて心底安心しました。

 

たった一度の避妊を失敗しただけで、出費も含め本当にダメージが大きかったです。男性はこのような負担が一切ないので、そのことも羨ましいなと思います。

 

今後は絶対に飲まないように注意しようと強く思いました。

 

私は成人をむかえていたのて、誰にも知られずアフターピルを処方してもらうことができましたが、未成年の方は親の同意が必要になります。

 

アフターピルは最悪の場合のみ服用するということを心得なければなりません。

 

誰でも避妊に失敗する事はあるので病院に慌てて受診するより通販で買って準備しておくと心強いです。