MENU

アフターピル ノルレボのジェネリック アイピルについて

ノルレボのジェネリック、アイピルを通販で格安で買いたい方へ

 

 

アフターピルを服用することで、受精卵が着床する前に強制的に生理が来るようにすることで、妊娠を回避することが可能です。

 

性行為を行った後、できるだけ早く服用することで、より回避する確率が高まることがわかっています。

 

ただアフターピルを購入するときは、日本では薬事法によって産婦人科で受診をしてから処方してもらうことになっています。

 

処方箋がなければ購入することができないので、病院に行って受診をするといった手間がかかってしまいます。

 

そんなとき役立つのが、ノルレボのジェネリックのアイピルを利用する方法です。ノルレボのジェネリックは通販で購入することができるので、病院に行く手間を省くことが可能です。

 

しかもジェネリック薬品なので値段が安いのに、効能が同じなので安心して服用することができます。

 

アフターピル アイピルの成分と効果

 

アフターピルのアイピル(i-pill)は有効成分がレボノルゲストレル1.5mgです。

 

LNG法のアフターピルで24時間以内に飲めば95%避妊が成功するお薬です。

 

アイピルは日本で初めてアフターピルとして販売されているノルレボ錠のジェネリックとして話題のお薬です。

 

ジェネリックですのでノルレボ錠と同じ成分なので避妊薬として同じ効果を発揮します。

 

アイピルが本当に効き目があるのか心配と思う方もいらっしゃるようですが、病院でも処方されるノルレボ錠と同じ効果を発揮するので何も問題はありません。

 

成分はプロゲステロン薬(黄体ホルモン薬)で排卵しないようにして妊娠しないように働きかけます。排卵後であれば卵子と精子が受精しないようにします。

 

早ければ早い程効果がありますが性交後72時間以内に服用するのが原則です。

 

アイピルはモーニングアフターピルや事後避妊薬と認識されているピルの一種です。

 

たくさんの女性ホルモンを服用する事はホルモンバランスが崩れるので体に大きな負担がかかります。

 

アフターピル アイピルの副作用

 

副作用には悪心、下腹部痛、頭痛、不正出血、胸の張り、倦怠感など様々な症状があります。

 

副作用が起きるのは飲んでから長くても2日間ほどですがそれ以上続く事はありません。吐き気が伴いますのでもし吐いてしまえばアフターピルとしての効果が弱まるので吐き気止めも併用しても大丈夫です。

 

アフターピルを飲む状況は急を要しますので常備しておくために通販で買えるというのはとても心強いです。

 

アフターピルは、避妊に失敗してしまったときに服用すると、妊娠を回避する可能性を高めることができます。望まない妊娠をしてしまったら、精神的にも肉体的にも大きな負担がかかってきますから、早めの対処が必要になります。

 

自分の体は自分でしか守れません。

 

ノルレボは緊急に必要とする場合に服用する物なので普段から常備しておくことをおすすめします。

 

アフターピル アイピルは偽物業者に注意

 

アイピルは個人輸入でしか手に入れる事が出来ません。
海外の薬を飲むというのは本当に大丈夫なのか不安に感じるものです。

 

妊娠したくない人にとっては偽物のアイピルは人生を脅かす事になります。

 

ここでは個人輸入で偽物に騙されない方法をご紹介したいと思います。

 

個人輸入の業者はたくさんあり成分の量が十分でない偽物を取り扱う違法業者も潜んでいます。

 

そんな業者を信じて成分の足りないアイピルを飲んでしまえば妊娠してしまいます。

 

たくさんの個人輸入のサイトがありますが正規品を取り扱う業者は

 

責任の所在

きちんと責任の所在が誰なのかが記載されています。

 

口コミの有無

 

口コミが書かれているのは安心です。その業者を使って本当にクレームが無いという口コミがあれば安心材料になります。

 

値段

個人輸入なので円安円高の状況によって値段が変わる事もありますが極端に安い業者を選ぶのは避けましょう。