MENU

マイルーラ 通販や使い方 副作用について

 

マイルーラVCFは精子の活動力を停止させる避妊薬です。
ノノキシロール-9という成分が配合されています。

 

マイルーラVCFは内服ではなく女性の膣の中にフィルムを入れて使用します。
フィルムが膣内で溶けて薬剤が膣で広がります。

 

殺精子作用があるので精子の動きを落とします。

 

ピルは吐き気などの副作用があり使いたくない、コンドームは感触が合わないから嫌だなという方におすすめです。

 

膣の中に入れるタイプなので男性任せではない点が体を守る上でメリットになります。

 

アメリカでは女性専用避妊具として知名度が高いです。

 

臨床実験では殺精子の成功率が94%と高値です。

 

男女が性感染症が無いのならばマイルーラVCFはとても有効です。

 

マイルーラVCFの使い方

 

性行為15分前にマイルーラVCFを膣内の子宮口に入れ使用します。透明で薄くてすぐ溶けます。溶けてジェル状になり性的興奮も高まります。

 

使用感は相手も本人も違和感はないのがいいです。

 

洗い落とす必要がないのでマイルーラを入れた後は気に掛ける事はないので手軽で楽です。

 

挿入後2〜3時間程度の効果が続きます。

 

マイルーラVCFに副作用はある?

 

大きな副作用はありませんがストレスや体の抵抗力が落ちている時、敏感肌の場合は陰部のかゆみや炎症が出現する事があります。使用する回数や頻度が高ければかゆみや荒れは出現しやすいので皮膚が弱いと感じている方には不向きです。

 

この対策は性行為後にシャワーで洗い流すのが一番でしょう。

 

マイルーラVCF注意点

 

相手の精液と接触しますのでコンドームとは違い性感染症を防ぐ事は出来ませんので要注意です。相手が感染症が無い事を確認した上でマイルーラVCFの利用をおすすめします。

 

また性行為の途中で相手の性器を口に含む事があれば苦みを感じたりする人もあるようです。

 

また、妊娠したい方には胎児が奇形になるリスクがあるので本当に避妊したいのかどうかを決めてからお使いになった方がいいでしょう。