MENU

中出しされた時の妊娠と避妊方法

妊娠したくないのに中出しされてしまった、、
ゴムが途中で抜けちゃって困った、妊娠したらどうしよう。。

 

セックスの相手がいれば妊娠の可能性はいつもすぐ近くにあります。

 

ゴムが抜けたり破れたりしても気が付かず中出しされた経験のある女性は意外に多いです。

 

パートナーではなく知らない相手にレイプされた場合心も体もボロボロになります。妊娠までしてしまったら最悪の事態に陥ってしまいます。

 

中絶は新しい命を絶つことなので絶対してもらいたくないです。

 

ここでは中出しした後の妊娠の確率とセックスの後でも出来る避妊方法をご紹介します。

 

ゴムはなぜ破れる?

 

そもそもコンドームはなぜ外れてしまうのでしょうか。

 

 

コンドームが外れやすいペニスの形状の男性がいて、仮性包茎の場合はコンドームが外れやすいのです。

 

ペニスのサイズと合った大きさを選ぶようにしましょう。
締め付けるのが嫌だという男性もいますがサイズよりも大きなゴムを着ければ取れやすいのは言うまでもありませんよね。

 

装着時にも空気を入れないようにするのも大切で、コンドームとペニスと密着するようにします。

 

コンドームを着けるにも細かな配慮が必要なのです。

 

コンドームは男性任せになりがちですが、女性は受け身なだけでなく取れないのかどうかを見極めるようにするのが望ましいです。

 

妊娠する仕組み

 

中出しすれば精子と卵子が受精し受精卵になります。

 

受精卵が着床すれば妊娠が成立します。

 

卵子は排卵日に卵巣から出てきて24時間生きています。
その排卵日に精子と出会えば、つまり中出しされた時に排卵日であれば妊娠の可能性が高くなるのです。

 

1回のセックスで排卵日の受精率は20〜25%と言われています。
排卵日にセックスしたからと言って必ず妊娠するとは限りません。

 

避妊した場合の妊娠の確率

 

コンドームを使用した場合でも3%の確率で妊娠するといわれています。また失敗した場合は12%でコンドームをしていても100%の避妊出来る訳ではないのでセックスの相手がいるならいつ妊娠してもおかしくないです。

 

もし妊娠してしまったら中絶という方法がある

 

もし産むつもりがないなら中絶という方法があります。
何も悪い事をしていない新しい命が葬られるのです。

 

中絶は子宮の中を掻き出す手術で女性の体を痛めつけますし自分の子供を殺したという罪悪感で心にも大きく痛手が残ります。

 

大人の勝手な行為のためにそんな悲しい事は避けたいですよね。

 

費用もかかります。10〜15万円ほどかかります。

 

安定した収入のある人でも10万円の出費は嫌ですし高校生や大学生、貯金が無いという方には中絶の費用を捻出するのはとても大変な事だと思います。

 

妊娠を避けるためにアフターピル

 

望まない妊娠を避けるためにも中出しされて困ってしまったならばアフターピルを飲んで避ける事が出来ます。

 

早ければ早い程避妊の確率は高くなりますので一刻でも早く飲んで避妊をしましょう。

 

今すぐ飲む必要がある方は病院に必ず行きましょう。

 

アフターピルは性行為から飲む時間が早ければ早い程避妊の確率が高くなります。

 

通販で購入するのは時間がかかるので間に合いません。

 

ですが避妊に失敗したり、排卵日だったかもと不安になるのはまた訪れるかもしれません。

 

妊娠したらどうしよう、、と心配になるのは絶対避けたいです。

 

もし中絶という事になれば傷つくのは女性だけです。

 

そんな時のためにアフターピルを通販で買っておけば不安にならずにすみます。

 

また避妊に失敗して焦らないため、自分で自分の身を守るためアフターピルを用意しておきましょう。

 

>アフターピルはこちら