MENU

高校生がアフターピル処方してもらったら親にばれる?

 

私は高校生ですが同級生の男の子と付き合っています。

 

彼氏とエッチした後、コンドームが破けている事に気が付きました。

 

私も彼氏も顔面蒼白でおろおろしました。

 

生理が不規則でもしかしたら排卵日かもしれないと思うと恐怖しかありません。

 

アフターピルを処方してもらったら親にバレルのでしょうか?

 

10代の高校生でも性行為をするならばいつでも避妊に失敗する可能性はあります。

 

高校生でアフターピルを服用した事が親に知られるのは恥ずかしくて絶対避けたいと思う人はとても多いです。

 

高校生でも妊娠したきっかけで結婚し出産を選択する人も多いですが、10代で出産するケースはまれでしょう。

 

望まない妊娠を避けるにはアフターピルを服用するのは最適な方法だと思います。

 

でも親にアフターピルを飲んだ事実は隠したいものです。

 

  • セックスした、その上避妊に失敗したって知られたくない・・
  • 相手は誰だ?ってきっと思われる・・
  • 母親にもばれたくないけど父親には更にばれたくない

 

という心理になるでしょう。

 

医師や看護師は患者さんのプライバシーに関する事を他人に漏らしてはいけないという守秘義務があります。

 

医療業務に携わる事で知り得た患者さんの情報は自分の知人や家族にも言ってはいけません。

 

噂話をするのもダメです。

 

ですので医療スタッフから親にわざわざ家に電話されてアフターピルの処方したという報告等はありません。

 

ですが婦人科外来に行った時に自分の名前を呼ばれたり受付で自分の名前を伝えたりした時、病院の中で親の知り合いに会ってしまったら親に知られる可能性はあるでしょう。

 

アフターピルの処方は保険適応外なので自費購入になります。

 

診察も保険適応外ですが診察券を提示するようには言われます。

 

病院受信時にはカルテを作るので保険証を参照します。

 

保険証を提示すれば自費診療であっても保険会社からの通知が絶対無いとは限りません。

 

ですので絶対に親に知られたくなければ保険証は持たず病院に行き、忘れたという事にした方がいいです。

 

自分で責任を負えないほど中学生などの低年齢の女性がアフターピルを処方してもらうため病院に受診したとなれば病院も放置しておく訳にはいかないと判断するケースもあるでしょう。